育毛剤の副作用

育毛剤の副作用

医薬品である育毛剤には、効果も高い分副作用に注意が必要です。

 

1.フィナステリドの副作用

フィナステリドは、抜け毛防止剤「プロペシア」の主成分で、主にAGA【男性型脱毛症)治療に効果があります。
フィナステリドの使用で起こる可能性がある副作用には、腹痛や下痢、胃の不快感などの消化器官の異常もありますが、性欲の減退や勃起不全など、男性機能に関するものが大半です。
ただ、1日の服用量を守っていれば副作用が出る可能性は5%ほどで、発症しても軽いことがほとんどです。
健康な男性であれば、用法・用量を守れって服用すればそれほど心配は要りません。
もちろん、限度量を超えて使用すれば副作用のリスクは高くなりますので注意してください。

 

2.ミノキシジル

ミノキシジルは、もともと血圧降下剤として高血圧の治療のために処方されていたので、血管を拡張し、血流を増加させる作用があります。
リアップなどの外用薬タイプが有名ですが、内服薬としても使用されています。
どちらともに副作用のリスクが伴いますが、内服薬の方が効果も副作用のリスクも高くなります。
特に医薬品は、効果が高くなる分副作用のリスクも高くなるため、気分が悪いなど違和感を感じた時にはすぐに使用を中止し、医師へ相談してください。
特に低血圧の方は注意が必要ですので、医師に相談したうえで服用を検討してください。
ミノキシジルでおこる副作用には、血管拡張作用による発汗やそれに伴う悪感、その他にもかぶれや湿疹等の頭皮トラブル、体毛が濃くなるなどの症状があります。
いずれも発症率は低く、発症しても軽くすむことがほとんどです。

おすすめ育毛剤はコレ!で検索