育毛剤の種類

育毛剤の種類について

育毛剤の種類は、大まかに3タイプ。
使用方法で外用薬・内服薬・ヘアケア用品に分けられ、効き目や成分なども異なります。

 

・外用薬タイプ

外用薬タイプは、頭皮に直接塗布するタイプで、クリームやローションなどが
主流です。
薬液をスポイドでたらしたり、スプレーで吹きかけて頭皮をマッサージすることで頭皮の血行を良くし、健やかな状態を保ちます。
有効成分では、ミノキシジルを配合したものが代表的です。
育毛剤使用の前に、育毛シャンプーなどで頭皮を清潔にして使用すれば、より効果的です。

 

・内服薬タイプ

内服薬タイプは、錠剤やドリンクなどを飲んで内側から頭皮に働きかけます。
成分は外用薬と同じでも、内部からの働きかけで効果は高くなります。
ただし副作用のリスクも多少高くなり、医薬品であれば医師の処方が必要になります。
内服タイプには育毛のためのサプリメントも多数あり、医薬品ほどの効果はありませんが、頭皮に必要な栄養を補給する効果があります。

 

・ヘアケア用品タイプ

ヘアケア用品タイプの主流は、シャンプーなど頭皮のケアをするものです。
育毛というよりも、育毛に必要な頭皮の状態を作る、毛穴のつまりや汚れを落とし、頭皮や毛根の状態を健康に保つものです。
普段のシャンプーを育毛用に変えるだけで気軽にできることと、他のタイプの育毛剤と併用できる事でも人気です。

おすすめ育毛剤はコレ!で検索