育毛剤の使い方

育毛剤の使い方

育毛剤には、外用薬・内服薬と、シャンプーなどのヘアケア用品があります。
医薬品として病院で処方されるものもあるし、薬店などで買える医薬部外品などさまざまで、使用方法も異なってきます。

 

1.外用薬タイプの使用方法

外用薬タイプの育毛剤の使用方法は、専用のスポイドを使ったりスプレーで噴射するなど、直接患部に薬液を塗布します。
薬液を頭皮に塗布した後、頭皮をマッサージをすることで成分を行き渡らせ、浸透力を高めます。
使用回数は1日2〜3回。
朝晩2回の使用を勧める場合が多いようで、特に洗髪後の清潔で毛穴の開いた状態で使用するのが効果的なようです。

 

2.内服薬タイプの使用方法

内服薬タイプは、1日の服用回数や用量が決められています。
サプリメントであれば、大体の量が決められているだけで特に厳しくありませんが、医薬品の内服薬になると用量も回数もきちんと決められています。
医薬品では1日1錠が目安とされますが、製品によって成分濃度が違うため、1回分を分割し服用する場合もあります。

 

3.ヘアケア用品

育毛剤のヘアケ用品と言えば、シャンプーが主流です。
日常で使うシャンプーを育毛用のものに変えるだけで、使い方も普段のシャンプーのやり方と変わりありません。
シャンプー前に頭皮にオイルをなじませ毛穴の汚れを除去しやすい状態にしたり、頭皮を傷つけないように注意すると、より健やかな頭皮を保てます。 

 

4.育毛剤の併用

育毛剤はそれぞれ個別の使用でも効果のあるものですが、併用することで効果がより上がるものもあります。
たとえば、「フィナステリド」と「ミノキシジル」を併用することで、より高い効果があることが知られています。
一般におこなわれているのは、育毛シャンプーで洗髪した後に患部に直接塗布する育毛剤との併用で、こちらも相乗効果が期待できます。

おすすめ育毛剤はコレ!で検索