育毛剤

育毛剤選びで重要な事

毛乳頭までしっかり浸透して働きかける事!
薄毛の原因を改善すること!
返金保証の期間が長い商品!

自分に合った育毛剤の選び方

育毛 イメージ画像

上記で商品選びの際の重要な事を書いています。

 

粒子が細かく、毛根までしっかり到達して働きかけることができるもの。
根本的な原因に直接働きかけるもの。
もし自信に合わなかった場合に返金保証がある(それだけ商品に自信がある)もの。
これらを選ぶようにしましょう。

 

また、育毛剤は、目的別に見て4つのタイプに分けられます。
選ぶときには、自分の薄毛の原因や症状をチェックして、上記の3ポイントに加え、使用タイプも自身に適した育毛剤を選んでください。

1.血行促進タイプ

血行促進タイプの育毛剤は、頭皮の血行を良くし、血流をスムーズにすることで発毛を促進させます。
毛母細胞は、血流によって運ばれてくる栄養で毛髪を生成しています。
頭皮の血行が悪くなり血液の循環が悪くなれば、毛母細胞に栄養が届きにくくなり、毛髪の生成も少なくなってきます。
パソコンなどで目を酷使する方や冷え性の方、頭皮が固い方などに適した育毛剤です。

 

2.男性ホルモン抑制タイプ

男性ホルモン抑制タイプは、男性に多いAGA(男性型脱毛症)のための育毛剤です。
AGAの多くは、頭頂部や生え際がM字型に薄くなっていくタイプです。
AGAの原因となるのが男性ホルモンの一種であるDHTで、男性ホルモン「テストステロン」への5αリダクターゼの働きによって発生します。
DHTの血中濃度が高くなるとAGAの症状は進行していきます。
よって、5αリダクターゼの働きを阻害する成分を配合した育毛剤が必要です。

 

3.毛母細胞活性タイプ

毛母細胞というのは、増殖・分裂をすることで毛髪を生成する細胞です。
働きが鈍くなれば、抜け毛・薄毛に悩まされることになります。
ですから、毛母細胞に直接栄養分を与えて働きを活性化させる育毛剤が効果的です。
頭皮を清潔にし、ビタミンなどの入った育毛剤で栄養を与えることが大切です。
ダイエットや偏食で、栄養が偏っている方に適している育毛剤です。

 

4.皮脂分泌抑制タイプ

育毛のためには、頭皮が健康であることがとても大切です。
皮脂は、もともと頭皮の保護のために欠かせない分泌物ですが、必要以上に分泌すれば過剰な脂が皮脂汚れとなり、毛穴に詰まるなどのトラブルがおこり、結果薄毛の原因になります。
頭皮にべたつきを感じる場合などは、皮脂の分泌を抑える育毛剤が必要です。
皮脂汚れを落とすシャンプーなども効果があります。


育毛関係関連サイト

育毛_wikipedia
言わずとしれた情報サイトのwikipwdia。育毛についても詳しく書かれていますので一度目を通してみてもおもしろいです。
育毛123
育毛剤が比較形式で詳しく紹介されているサイトです。結局種類が多くてどれがいいか選べないという方に必見おすすめ。

おすすめ育毛剤はコレ!で検索